南丹清掃株式会社

ヘッダー広告

アクセスお問い合わせサイトマップ

セキュリティーポリシー

南丹清掃株式会社
南丹清掃株式会社(以下「当社」といいます。)は、お客様に信頼頂けるサービスを提供していくため、情報資産を保護し、社会的な責務を全うするとともに、以下の方針に基づき情報セキュリティの維持および向上に努めます。

南丹清掃株式会社
代表取締役 山本 潔
1.情報資産の保護について
当社は、情報セキュリティに対する取り組みおよび基本行動指針を表明し、当該表明事項に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(以下「ISMS」といいます。)を適切に構築および運用し、重要な情報資産の機密性、完全性、可用性の確保に努め、その有効性を継続的に確保します。
2.ISMS運用について
当社は、ISMS運営のために情報セキュリティ責任者および情報セキュリティ委員会を設置します。また、各部門に情報セキュリティ推進者を設置し、ISMS運用を適切かつ円滑に行なえる体制を構築します。
3.リスクマネジメントについて
当社は、取り扱うすべての情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じます。
4.契約および規制について
当社は、すべての契約および法的規制事項を尊重し、遵守します。
5. 情報セキュリティに関する諸施策について
当社は、情報セキュリティを確立し、維持および向上させるための諸施策を実施します。また、諸施策に関するセキュリティ目的は、以下の方針に基づき設定します。
当社は、各事業年度の事業計画作成時に「セキュリティ目的」を設定します。
「セキュリティ目的」は達成可能なものであり、定性的または定量的に評価可能なものとします。
「セキュリティ目的」の達成状況は、情報セキュリティ責任者または情報セキュリティ委員会が取締役会に報告し、取締役会は情報セキュリティに関する状況を把握するように努めます。
6.社員教育について
当社は、情報セキュリティの維持および向上のため、全社員に対して定期的に教育を実施します。
平成17年4月1日制定   平成20年3月1日改定

プライバシーポリシー
内部統制システム基本方針

ホーム 事業紹介 会社案内 お問い合わせ 採用情報
お知らせ 廃棄物収集運搬 ごあいさつ プライバシーポリシー 関連サイト
  下水/浄化槽維持管理 会社概要・沿革 セキュリティーポリシー
  中間処理施設[EFP] 事業コンセプト 内部統制システム基本方針
Page Top